ネットバンクのメリット|ネット銀行比較百科

トップページ » ネットバンクのメリット

ネットバンクのメリット

ネットバンクは、店舗を持たないということによるコスト削減やインターネットを活用するサービスにより、私たちに様々な魅力的なサービスを提供してくれています。
ここでは、ネットバンクのメリットについて紹介していきます。

手数料が安い

ネットバンク・ネットバンキングにおけるメリットのひとつとして、手数料の安さが挙げられます。たとえば、振り込み手数料やATMなどの利用手数料などの銀行を利用する上での手数料などが安くなります。
また、投資信託の手数料や外貨の交換手数料など投資・資産運用に関するコストの安さもメリットのひとつです。

金利が高い

ネットバンクでは、他の都市銀行や地方銀行などの普通預金・定期預金と比較して利率の高い預金金利が魅力のひとつです。
預金金利が1%違うだけでも長い眼で見るとかなりの金額の差がでてきます。この低金利時代、できるだけ有利に運用できるネットバンクが有利です。

インターネットをつかったリアルタイム性・利便性

ネットバンクの特徴は手数料や金利などの安さの他、ネットを活用した利便性も大きなメリットです。通常営業時間内しか反映されない銀行振り込みであっても、ネットバンクならリアルタイムで反映させることもできます(一部ネットバンクが対応)。

また、投資においても、たとえば、普通の銀行では外貨預金の場合一日に一回しかTTBやTTSなどの売買レートは更新されませんが、ネットバンクではリアルタイムの取引ができるといったメリットもあります。