ネットバンクのデメリット|ネット銀行比較百科

トップページ » ネットバンクのデメリット

ネットバンクのデメリット

アクセスできないと始まらない!

さて、ここからはネットバンクのデメリットについて、見ていくことにいたしましょう。
まずはなんといっても、タイトルの通り――アクセスできないと始まらない!

ネットバンクを利用するには、インターネット上の公式サイトに行って、そこでいろいろな操作をすることが必要です。
ですが、万が一、なんらかの理由で公式サイトに行けなくなってしまったら、どうなることでしょう?

なんと、まったく利用できなくなってしまうのです!

ただし、これは、ネット専業銀行やインターネット支店の場合です。

地銀等のネットバンキングを利用している場合、たとえ公式サイトに行けなくなったとしても、ふつうに近所の支店なりに行って、用事を済ませることは可能です。

つまり、ネット上にしか口座がないのか、それともふつうの本店・支店に口座を持っているのかで、アクセスできなくなってしまった場合のダメージがちがう、というわけです。

ATMは近所にあるか?

ネット専業銀行の場合、そのネットバンクに口座を開くより先に、まずチェックしておきたいのが、利用可能なATMについてです。

実はネット専業銀行の場合、自前のATMはありません。 しかし、ATMがないと、現金の入出金ができませんよね?

そこでネット専業銀行はどうしているかというと、他の銀行のATMと提携して、そこを利用できるようにしてもらっているのです。

逆に言うと、ネット専業銀行から現金を引き出したりするためには、提携ATMが近所になければ、どうしようもないのです。

ふだん、地元の銀行を使っている人にとっては、盲点になりやすいところです。だって地元の銀行だったら、地元にATMがあって当たり前なのですから……。

どんなに条件がよくても、日ごろの入出金に困るようでは、本末転倒です。

セキュリティ

ネットバンクがインターネットを利用する性質上、どうしてもネット犯罪への懸念は残ります。
ただし日本では今のところ、ネットバンクに関する重大犯罪はさほど起きていないようです。

警戒は必須。でも、かならず遭遇するというわけでもない。
自宅のPCでいつでもネットバンク
住信SBIネット銀行
主なネットトラブル
ネットバンクのセキュリティ

LINK

  • ドライバー 派遣
    人件費等のコスト削減、時期に応じた柔軟な対応、臨時季節的業務への対応にはエクスプレス・エージェントをご活用ください。
    www.ex-agent.co.jp/