2013年のネットバンキング被害は14億円超に|ネット銀行業界ニュース|ネット銀行比較百科

トップページ » ネット銀行業界ニュース » 2013年のネットバンキング被害は14億円超に

2013年のネットバンキング被害は14億円超に

警察庁は2014年1月30日、2013年中のネットバンキングにおける不正送金の発生状況を公表した。それによると、口座の預金を勝手に送金されて盗まれる事件は1315件発生し、被害総額は約14億600万円で過去最悪だった。コンピュータウイルスを使って、ネットバンキングのパスワードなどを盗む手口が主だという。

警察庁によると、ネットバンキングユーザーの預金が不正送金される事件が急増しているという。2011年は165件で被害額が約3億800万円、2012年は64件で被害額が約4800万円だったが、2013年は6月以降に急増。過去最悪の被害件数および被害額になった。

被害に遭った金融機関数も月ごとに増加し、最終的には32行で不正送金が確認された。被害に遭った口座のほとんどは個人名義だったという。

不正送金の多くでは、ウイルスが悪用されたという。犯人は、ネットバンキングユーザーのパソコンに、何らかの方法でウイルスを感染させる。ウイルスは、ネットバンキングのログイン画面に見せかけた画面を表示し、ユーザーにパスワードなどを入力させて、犯人に送信。犯人はそのパスワードを使って正規ユーザーになりすまし、第三者の口座に送金する。

11月以降は、フィッシング詐欺も多発したという。フィッシング詐欺では、犯人は、金融機関をかたる偽メールを送信し、ネットバンキングのWebサイトに見せかけた偽サイト(フィッシングサイト)にユーザーを誘導。偽のログイン画面にパスワードなどを入力させて盗む。

不正送金の実態としては、不法に売買された口座に対して送金し、出金役がATMで引き出す手口がおよそ5割を占めるという。また、正規の口座に送金した後、業者を介して国外に不法送金する手口が約2割だとする。

出典元はコチラ
自宅のPCでいつでもネットバンク
住信SBIネット銀行
主なネットトラブル
ネットバンクのセキュリティ

LINK

  • デジタルマーケティング 人材
    デジマナは、デジタルマーケティングの人材を育成する基礎プログラムを提供しています。個人向けから法人向けまでデジタルの基礎が短期間で学べるオンライン学習システムを提供しています。
    digi-mana.com/