セキュリティソフトの準備|ネット銀行のセキュリティ|ネット銀行比較百科

トップページ » ネット銀行のセキュリティ » セキュリティソフトの準備

セキュリティソフトの準備

ネットバンキング保護とは?

ネットバンキング保護とは、2013年に多くなってきたネットバンキングの不正預金送信を防止する機能です。

元々のマルウェア対策機能である程度は防ぐことはできますが、より安全にネットバンキングが行えるような機能を提供しているセキュリティソフトも存在します。

具体的には、キーボードから入力したID/パスワードを盗むキーロガーへの対策、ソフトウェアキーボードから入力したID/パスワードなどを盗むスクリーンショットスクラッパーへの対策、ブラウザのプロセス等に割り込みDLLやコードを実行させるインジェクションを使ったMITB攻撃への対策などが挙げられます。

ここでは、このような機能を持っているかどうかを確認していきます。

セキュリティソフトのネットバンキング保護機能の比較

ノートンセキュリティ

特に「ネットバンキング保護」といった機能はありませんが、ノートンIDセーフを使うことで、ある程度安全にネットバンキングを利用することができます。

ノートンIDセーフとは、ネットバンクサイトへのログイン情報などを安全な場所に保管しておき、ネットバンクサイトのログインページを開いたときに、自動でIDやパスワードを入力してくれる機能です。

キーボード入力しなくても良いためキーロガー対策になります。また詐欺サイトかどうかも判別してくれるので、フィッシング詐欺などにも役立ちます。

ただし、カスペルスキーなどの「ネット決済保護」のような機能ではありません。

ウイルスバスター クラウド

ウイルスバスター クラウドも、特に「ネットバンキング保護」といった機能はありませんが、ノートンIDセーフと同様に、ID/パスワードなどを安全な場所に管理する機能「パスワードマネージャー」があります。

カスペルスキー 2014 マルチプラットフォーム セキュリティ

カスペルスキーのネットバンキングを保護する「ネット決済保護」機能は、大変性能が良く、AV-TestのSecure Online Transaction(安全なオンライン取引)カテゴリで、AV-Test Innovation Awardを受賞しています。

下記のような流れで処理しています。
1 本物のバンク/決済サイトかをチェック
2 暗号化通信に使用されている証明書をチェック
3 PCの脆弱性をチェック
4 仮想環境でバンク/決済サイトへ接続
5 セキュリティキーボードでデータ入力

また、2014年版からは、ネットバンキングだけでなく、主要なショッピングサイトへも対応しました。

マカフィー オールアクセス 2014

マカフィーは、特にバンキング保護といったような機能はありませんが、ノートンと同様にSafeKeyというパスワード管理ソフトによって、比較的安全にログインすることが可能です。

また、フィッシング詐欺対策の機能で、不正なサイトへ誘導されないように、ある程度防ぐこともできます。
ただし、MITB攻撃を防ぐような機能や、仮想環境でブラウザを起動して、実環境からの不正操作を防ぐような機能はありません。

G DATA インターネットセキュリティ 2014

G DATA インターネットセキュリティ 2014 では、バンクガードという機能で、ネットバンキングなどが安全に行えるようになっています。

バンクガードとは、MITB攻撃(正規のサイトへログイン中に不正操作を紛れ込ませ預金を不正に振り込ませる攻撃)をブロックする機能です。

また、フィッシング詐欺対策の機能で、不正なサイトへ誘導されないように、ある程度防ぐこともできます。

F-Secure Internet Security

F-secureには、「バンキング保護」という機能があります。

バンキング保護のセッションが開いている間は、他の接続はブロックされます。銀行取引中に悪意のあるサイトへセションが張られようとすると、それをブロックすることができます。

対応しているブラウザは、Internet Explorer、Firefox、Chromeです。

Panda Global Protection 2014

Panda Global Protection 2014では、特にネットバンキング保護と呼ばれる機能はありません。

ただし、Password Depot というパスワード管理機能やバーチャルキーボードなどがあるため、キーロガー対策にはなると思います。

また、フィッシング詐欺対策の機能で、ある程度保護することもできます。

スーパーセキュリティ ZERO(Ver.17)

スーパーセキュリティ ZEROには「決済ブラウザ」という機能が用意されています。

この決済ブラウザを使うと、PCからソースネクストの専用サーバーまでVPNで接続され、盗聴されるのを防ぐことができます。

ただし、一番最初は決済ブラウザへ移行できても、二度目からは決済ブラウザへ移行できない場合もありました(キャッシュを削除したりPCを再起動すればまた移行できるようになります)。

動作がやや不安定に感じます。