ワンクリック詐欺|ネット上でのトラブル|ネット銀行比較百科

トップページ » ネット上でのトラブル » ワンクリック詐欺

ワンクリック詐欺

怖い!ワンクリック詐欺とは?

ワンクリック詐欺って聞いた事ありますよね。

インターネットを利用しているとホームページ上に色んなリンクがあって興味本位でクリックしてみるとクリックしただけなのに入会金を請求されたりする詐欺の事です。

これらの詐欺は巧みに不安を煽る形で住所や名前を知ろうとしてきます。

「登録されました。あなたのIPアドレスは××××、プロバイダーは××××です。続いて名前・住所を入力して下さい」
こんな具合です。

ここで不安になって退会届を出す為に名前や住所などの個人情報を入力しようものなら、それを元に自宅にまで不正な請求が来る事になってしまいます。

こういった詐欺の場合はとにかく個人情報を与えない!! です。

名前や住所、電話番号に携帯電話番号、メールアドレスやクレジット番号に就職先までとにかく何も個人を特定できる様な情報を与えない事です。

ワンクリック詐欺には他にもワンクリックウェアと呼ばれるスパイウェアによるパソコンのレジストリ操作やメールアドレスを盗み取る行為のものもあります。

これらのスパイウェアはパソコンの中で個人を特定できそうな情報を盗み出して悪用しようとする業者に渡してしまいます。
感染するとメールなどで利用料金などが請求されたりします。
そのHPを見た覚えがあると不安になってメールで問い合わせたり、連絡してしまう人がいるのですがそれが業者の狙いで、様々な個人情報を聞き出そうとしてきます。

この場合も無視する、個人情報を与えないのが原則なので、ワンクリック詐欺に遭っても落ち着いて対応しましょう。

もしワンクリック詐欺の被害にあったら・・・

ワンクリック詐欺に遭ってしまった・・・・。
でも無視しておけば大丈夫、大丈夫・・・。

その通りなのですが、問題なのは知らずに個人情報を入力したりしてしまった場合です。

個人情報を知られてしまうと家に請求がきたり職場に請求を送るなどと脅されたり、携帯に電話が掛かる場合など生活に様々な支障が出てきます。
この場合でも基本的には料金を請求する権利がない以上は無視する対応で問題はないのですが、ここでは無視できない場合を紹介します。

無視できない場合とは最終的にお金を支払う羽目になる場合です。

住所を知られた場合は郵送で請求書が来る事がありますが裁判所からの請求の場合は無視すると例え不正な請求でも、裁判所に支払いを命じられる場合があるって事です。
現実的には少額訴訟を業者が起こす事はまずないのですが、万一の場合を考えて消費者センターに迷う事なく相談しましょう。

他にも悪質な請求をする業者もいるので、個人を特定された場合は、専門家に相談するのが解決への近道ですから自分で解決しようとせず、なるべく早めに消費者センターに相談するようにしましょう!

ワンクリックウェアへの防御対策!

ワンクリックウェアだけでなく、今やネット上には様々なスパイウェアが存在しています。

こういったスパイウェアの被害に遭わない様にするには当たり前の事ですけど、対策ソフトを導入する事です。

一般的なウィルス対策ソフトを導入しておけばひとまずは安心です。
定期的にスパイウェア・ウィルスを検出しておけばパソコンから情報が漏れていく心配は減りますが、万全な訳ではありません。

危ないと思われるサイトを閲覧しない、怪しい項目をネット上でクリックしないのが一番の対策ですから注意して下さいね。
もし、ワンクリックウェアに感染してしまった場合ですがこの場合は駆除ソフトを使って駆除するか、もしくは感染前にシステムを復元するのが確実です。

システムの復元はパソコン操作で簡単に出来ますが、復元ポイントの日付以降にインストールしたプログラムまで消えてしまいますから実行前に確認しておきましょう。