ネット銀行の定期預金をおすすめする3つの理由|ネット銀行活用法|ネット銀行比較百科

トップページ » ネット銀行活用法 » ネット銀行の定期預金をおすすめする3つの理由

ネット銀行の定期預金をおすすめする3つの理由

サラリーマンやOLの方にとって、夏のボーナスの使い道を考える時期がやって来ました。みなさんは、夏のボーナスや冬のボーナスを何に使いますか?

今回は、高金利で確実な貯蓄をしたい方におすすめの、ネット銀行の定期預金についてまとめます。

キャンペーンに対して積極的

ネット銀行は元々、店舗を持たず人件費が少なく済むので、金利が高く、手数料が安い特徴があります。大手都市銀行や地方銀行と比較して、普通預金金利も、定期預金金利も高めに設定されているのが特徴です。

特に、都市銀行(メガバンク)などは定期預金でもほとんど利息が付きません。ネット銀行の定期と比較した場合、受け取る利息に10倍以上の差が付くこともあります。

また、ネット銀行は新規顧客獲得のために「定期預金のキャンペーン金利」を提供していることが多いです。キャンペーンを活用することで、より賢く運用できます。

特に定期預金に強いのが、「じぶん銀行」です。じぶん銀行は、人気の高い3ヶ月定期に力を入れており、ネット銀行の中では圧倒的な存在感を誇ります。

新規口座開設者に限定されますが、じぶん銀行のデビュー応援プログラムには、お得感の大きい定期預金の金利優遇特典があります。

最近では、プレミアムバンク for auという、auユーザー限定でATM手数料、振込手数料が完全無料になるサービスもリリースし、注目度が高まっているネット銀行です。

短期間の定期預金も

一般的な銀行には珍しい「短期間の定期預金」があるのも、ネット銀行の魅力です。このサービスについては、ネット銀行というよりも外資系の銀行が強いです。

例えば、新生銀行は2週間円預金を展開しており、東京スター銀行は1週間円預金を展開しています。

いずれも、厳密には定期預金ではないのですが、1週間、2週間単位で満期を迎えるので、お金が必要になっても解約しやすく、普通預金と同じ感覚で活用できるのがポイントです。

また、クレジットカードや証券口座との連携によって、普通預金金利を優遇するネット銀行も増えています。優遇金利は定期預金金利に匹敵するほど高金利なので、私も積極的に利用しているサービスです。

今日からはじめられる

ネット銀行の定期預金のメリットは、なんといってもすべての手続が今すぐネットから行えることです。定期預金の申込も解約も、いつでもネットから24時間できます。

ボーナスを使ってしまう前に、支給されたその日に定期を作れます。また、上記のような特殊な定期預金でなくても、多くのネット銀行が1ヶ月定期のような短期間の預金サービスを展開しています。

すぐにボーナスを使う予定がないのであれば、1ヶ月定期に入れておくだけでも、有利な金利での資産運用が可能です。

これまでのように、窓口に出向いて申込・解約をしなくて良いので、ネット銀行の登場で、定期預金がより身近になったと、個人的には感じます。